私の街では、季節ごとに様々な食材がでてきます。
それらを使って、お料理やお菓子を作っています。手作りのお料理とお菓子で大事な人たちと楽しいひとときを。

黒糖ミルクパン

ほんのりと甘くふっくらしたパンが食べたくなって焼きました。焼き上がりを告げるかのように、パンの甘く焼ける香りがオーブンから溢れています。いい香りです。食欲をそそられます。

f:id:bmiko:20170807121115p:image

溶き卵を生地の表面に塗って焼いたことで、焼き色がとても鮮やかに仕上がりました。


■材料

強力粉 200g

黒糖(粉末) 40g

3g

インスタントドライイースト 小1

  ・砂糖 5

  ・水 10cc

バター 10g

牛乳 110ml

溶き卵 1/2

レーズン 50g

焼く直前に生地に塗る溶き卵 1/2

 

 

■事前準備

ドライイーストに砂糖5gと水10ccを加えてよく混ぜ、湿度の高い暖かい場所で予備発酵させる

・牛乳は人肌にあたためておく

・焼く前にオーブンを210℃に温めておく

 


■作り方

*パン捏ねと生地作りには、HBを使用します。

       HBの容器に強力粉、塩、砂糖を加える

       予備発酵させたイーストを牛乳で溶かしながら①に加える

       HB生地作りモードのスイッチをオン

       全体がまとまってきたら、バターを投入

       バターが生地に馴染んで生地がまとまってきたら、生地に触って、堅い場合には牛乳を加えて堅さを調整する(堅さは耳たぶくらいを目指しています)

      HB “生地作りモード終了後、HBから生地を取り出し、生地を丸めてボールに移し替える。約40℃のお湯の張ったバットにボール浮かべて、2倍から2.5倍ほどの大きさに膨らむまで一次発酵させる(気温にもよりますが、夏だと1時間半かからないです)

       フィンガーテストをして、十分に発酵できていれば、生地を台に出し、ガス抜きをして、20等分に分割する

       布をかけて10分ほどベンチタイム

       生地を軽くガス抜きし、くるっと巻いてまるめ、表面を滑らかにし、シリコンカップに入れる

       40℃ほどに保温しながら、約2倍になるまで(約1時間ほど)二次発酵を行う

       焼く直前、生地の表面に溶き卵を塗る

       210℃に予熱したオーブンの下の段に入れ、10-12分ほどで焼き上げる